banner

エントランスをこだわる

厚木の一戸建てでこだわりたいエントランス

一戸建てのエントランスというと、靴を脱いで家に出入りする場所ですが、最近はこの場所をこだわりのスペースとしてデザインしている一戸建ても増えてきました。

厚木でもそのような一戸建てを建てることができます。来客があった時、まず目に入る場所が玄関スペースです。住む人にとっては出入りする場所ですが、住んでいない人にとってはそこが家の顔であり、家庭の顔にもなるのです。
エントランスがごちゃごちゃとしているよりは、すっきり片付いて、センスの良いものを飾りたいという方は多いでしょう。

昔から玄関は家の顔として考えられていましたので、門からドアまで、舗装したり花を飾ったりしている方もたくさんいます。お客様への最初のおもてなしということです。

しかし厚木のように都心部の住宅地では庭といっても車を停める程度で、門からドアまでの距離もすぐという一戸建ての方が多いのではないでしょうか。予算の都合でそこまでの余裕は無いということもあるでしょう。そんな一戸建てでもエントランスにはこだわりたいという方も増えています。

最近人気なのはドアを開けるとすぐに応接スペースのようになっているタイプです。広さがあれば来客用のテーブルと椅子を置いたりすると、ちょっとした世間話をする楽しい場所になるでしょう。

和風モダンが流行っている流れで坪庭を作るという施行事例もあります。そのような場所が取れないという場合も多いでしょう。テーブルや坪庭を置くスペースが無い家も多いです。

生活に直接関係のない場所は極力狭く作るというのも一戸建てを建てる上で賢い選択です。できるだけリビングなど居室を広く取りたいという場合です。その場合はエントランスは極力無駄のない造りになるものですが、おもてなしの演出をすることは可能です。絵画を飾るのも良いですし、照明で特徴付けるという方法もあります。足元に優しい明かりの照明を使うことで、安全でもありますし暖かみも出ます。また、床材をこだわってみてもよいでしょう。様々な表情の石畳もありますし、お好きなものを選んでみてはいかがでしょうか。厚木の一戸建てでは広さや間取りもいろいろあって、多くの物件から選べるでしょう。来客の多い方は広めにエントランスを作るというのも良いのではないでしょうか。なるべく居室に使いたいという場合はこじんまりとしたスペースになりますが、明かりを工夫したりすることで印象的な場所にすることができます。”

Copyright(c) 2018 厚木で家を建てるときに考えておくべき業者の選び方や中古物件という選択肢All Rights Reserved.