banner

被害届について

交通事故が原因となっている被害届に関すること

自動車を運転するためには、常に決められた交通ルールを守って運転することが必要になり、法律を常に順守することも大切なこととして知られています。自動車は非常に便利な乗り物して利用されていて、業務用として利用されていることの他に、各一般家庭でも広く普及しています。古い時代では一家に一台と言われていたこともありますが、近年では一家に複数台の自動車を有していることも決して珍しいことではありません。日常的に運転を行う方の場合では、自賠責保険に加入していることは勿論ですが、民間企業による任意加入の自動車保険にも合わせて加入しておくことによって、比較的安心して自動車を運転することが可能になります。そんな中、時には自動車の運転中に交通事故に遭遇してしまうこともあります。その際には立場として加害者になってしまったり、逆に被害者となる場合もあります。一般的には交通事故を起こしてしまった場合では、怪我人などが居る場合では優先して介護処置をとり、場合によっては直ぐに救急車を手配することが必要になる場面もあります。怪我人が居ない場合では、状況によってはその場で警察を呼ぶことを行って、現場検証が行われることがあります。また、軽微な交通事故の場合では、現場を離れて交番などに行き事故証明書を発行してもらうことが必要になります。稀にごく軽微な交通事故の場合では、その場で示談で済ませてしまう方も存在していますが、警察に届けを出すことを優先させることが後のトラブルを防ぐためには必要とされています。交通事故に関しては、場合によっては被害届を提出する、あるいは逆に被害届を出されてしまうこともあります。例としては当て逃げなどがあります。所有している自動車が当て逃げされてしまった場合では、被害届を出して加害者を捜査することが必要になるケースも出てきます。また、人身事故などの加害者となってしまった方の場合では、本人や保険会社の対応次第では被害届を出されてしまうケースもあります。そのため、交通事故を起こしてしまったならば、双方が納得することのできるように常に配慮を行うことが必要とされていて、時には弁護士に依頼をすることも良い方法になります。弁護士に関しては、加入している自動車保険によってはサービスの一つとして提供しているものがありますが、加入していない方の場合であっても、状況によっては別途依頼をすることが求められるケースもあり、一定の出費があったとしても無事に解決に導くことも可能です。

Copyright(c) 2014 交通事故といろんな法律と解決策All Rights Reserved.