banner

交通事故時の念書

交通事故が発生した時の念書の書き方とは

不幸にも交通事故を起こしてしまった時、損害賠償金の支払いをする事によって示談交渉は完了しますが、その支払いの約束を文章に記したものを念書と言います。交通事故が起きた時に少しでも早く取り交わす必要があるようですが、その文章の書き方には一定の書式があるようです。念書の取り交わしもしないで、そのままにして置く事で突然相手側に法的措置を取られる場合もあるようなので、きちんと書式に則って書かれた書面が必要となるようです。

その書式とは、文章の書き出しには表題をまず書きます。例えば「賠償責任の確認を記す念書」等の言葉が適当のようです。次いで自分自身を「甲」、相手側を「乙」という代名詞を使用します。そしてまず本文の冒頭では交通事故となった原因から記載を開始します。その際には自分自身の非を認めた文章が望ましいようです。

そしてその次には損害賠償の方法を記します。例えば自分自身の加入する自動車保険で支払いますという内容を明記する事が大切という事です。そしてその事を「約束します」という言葉を忘れずに記載します。

本文の最後では警察署の名前を明記し、警察の事故処理が行われた事も記載をします。その後には念書を取り交わした日付を和暦から記入をします。そしてその後に自分の氏名を記載し、印鑑を押印します。その時には事故当時に使用していた車の種類、色、登録車両ナンバーも明記します。

その次に被害者となった相手方にも氏名を記載して貰い、拇印を押印してもらいます。そして同様に車種や色、車両ナンバーも記載して貰います。この場合は加害者と被害者が連名の署名をする事に意味があるという事でしょう。交通事故を起こした時にやるべき手続きはこの他にもあるかも知れないので、まずは契約している保険会社に相談をするべきでしょう。

その他に相談が出来る機関としては交通事故紛争処理センターがあるので、まずはホームページへアクセスしてみると良いでしょう。直接センターへ出向く事で法律相談や紛争解決の為のアドバイスを受ける事が出来るようです。担当の弁護士が無料で相談に乗ってくれるという事なので、予め電話予約をしてから相談に行く事となっています。その際に文章の書き方等を詳細に教えて貰う事も出来るでしょう。そしてその上で円満に問題が解決するように双方の主張を聞き、審査会がその事案を審査します。その審査結果で同意をした場合には、保険会社等もその決定に従う事になる為に、問題は解決の方向へ進めます。

Copyright(c) 2014 交通事故といろんな法律と解決策All Rights Reserved.