banner

エクステリアにこだわり

厚木で一戸建てを買うならエクステリアにこだわりたい

厚木で一戸建てを購入する時に、検討すべきどんなことがあるでしょうか?一戸建てを購入する時に厚木に限らず、まず住む人間のライフスタイルと生活ニーズを確認しておくことです。

新しい家でどんな生活をしたいと思っているのか、またそれに伴ってどんな必要が生じるのか、今必要なものとこれから必要となるものを想定して、理想の家を描きます。

厚木で一戸建てを購入したいと思う人は、まず土台となるライフスタイルを確認しなければなりません。

その次に、土地選びと立地条件のリサーチです。これらはチェックすべき要素が多岐にわたるため、自分たちでリサーチできない時は、プロの建築士に依頼することもできます。

土地選び立地条件のリサーチで見るところは、学校、病院、店、官公庁、交通機関などの位置と距離、所要時間、周辺環境、安全性、音環境、悪臭などをチェックします。

一戸建ての購入では、建売か注文住宅かを決める必要もあります。建売なら点検口の有無を確認する必要があります。

点検口の存在は、建物購入後の資産価値の維持に関わる大事なもので、それによって効率的にメンテナンスや修繕を行うことができます。一戸建ての購入で建売を選択するなら、点検口の有無を必ず確認するようにします。

一般に、天井裏、屋根裏、壁内、床下などに設置されている点検口ですが、建物の施工状態や劣化具合を点検することができます。建物の見学においては、必ず点検口の中を点検しなければなりません。

配線の整理状況、基礎部分の劣化具合のチェック、断熱材の有無の確認、鉄骨の劣化などを確認することができます。また、一戸建ての購入では建売か注文住宅かに関わらず、外観デザインをあらかじめ決めておかなければなりません。

外観デザインとは建物だけが対象となるのではありません。いわゆるエクステリアを含めた意味であり、外観全体を指し示します。エクステリアとは、外観全体、つまり建物以外の庭、外壁、外溝なども含みます。

建物のデザインだけを考慮するのではなく、エクステリアを注意深く検討する必要があります。さて、一戸建ての購入では中古物件を選択する人もいるかもしれません。中古物件を選ぶときのポイントは、立地条件、地形、耐震性、防犯性、点検口、風通し、明るさ、音環境などです。生活ニーズに合わせて、他にも多くのチェックポイントがあります。部屋全体のカビ臭さや結露を点検することも忘れないようにしましょう。”

Copyright(c) 2018 厚木で家を建てるときに考えておくべき業者の選び方や中古物件という選択肢All Rights Reserved.