banner

中古も選択肢に

厚木の戸建ては中古も選択肢に入れましょう

持ち家を建てるというと、新築というイメージが強い方も多いのではないでしょうか。新生活を始めるタイミングで購入する時はすべて新品の新築が良いという方もいるでしょう。

しかし、絶対新築だけと決めてしまうのはもったいないことと言えます。

なぜかというと、中古物件には掘り出し物も多く存在しているからです。
例えば、最低でもこれくらいの広さが欲しいといった条件がある場合、新築だけで探すとなると駅からどんどん遠く離れていってしまったりということもよくあることです。

そこで、中古も選択肢に入れてみると、思いもよらず駅から近い物件でも予算範囲内で購入可能という可能性もあるのです。家は新築の時こそピカピカで傷一つありませんが、一日一日過ごすことで細かい傷が入ってくるものです。中古物件は最初からある程度使い込まれているものですが、新築でも住んでしばらくするとあまり変わらなかったかもと感じることもあるでしょう。

厚木は通勤も便利で住みやすい地域なので人気があります。こういった厚木のような人気エリアでは、常に戸建てが売買されているといっても良いでしょう。

戸建ては購入する人もいれば売却したい人もいます。転勤や家族が増えたりといった理由で購入した家を売却に出す人はたくさんいます。

売却する時の値段はだいたいの相場によって決められますが、売り主が早く売ってしまいたいと考えている時はもっと安くなることもあります。ちょうどそのような物件が売りに出されるタイミングに家を探しているなら、大チャンスとも言えます。

相場よりずっと安く買えることで住宅ローンも低い金額で済むでしょう。厚木は一人暮らしからファミリーまで人気なのでいろいろな物件が売買されています。新しく戸建てを建てるというのも良いですが、中古の戸建てにも目を向けてみましょう。

中古物件のメリットは他にもあります。新築ですと一からいろいろなことを考えて決めていかなければなりませんが、そういったことがありません。既に出来上がっているので、間取りをどんな風にしたらよいかなどと感ガルのが面倒な方にはぴったりではないでしょうか。
もちろん、壁紙や床を新しくしたり、大規模なリフォームを施すこともできます。

購入をきっかけに床暖房を入れるということも可能です。理想通りの立地と日当りの良い戸建てが見つかることもあります。新築かどうかにはこだわらずにもっと選択肢を広げてみることをおすすめします。”

Copyright(c) 2018 厚木で家を建てるときに考えておくべき業者の選び方や中古物件という選択肢All Rights Reserved.